検診 問診票ダウンロード

訪問歯科 歯科検診・往診FAX申し込みシート

求人情報

西畑歯科求人専用サイト

ゆい新神戸歯科

神戸北 矯正歯科センター

訪問歯科診療

訪問歯科 歯科検診・往診FAX申し込みシート

私たちの訪問歯科診療での7つのお約束

「訪問診療をお願いしたいけど、治療費が高いのでは・・・」どうぞご安心ください。すべて保険診療が適用されます。

<訪問対象エリア>
神戸市北区を中心に神戸市のほとんどのエリアに訪問可能ですので、ご希望・ご相談の方は一度お問合せください。

一 交通費・謝礼は一切いただきません。すべて保険適用分で診療を行います。
一 不明瞭な診療は行いません。介護・医療ともに領収書を発行します。
一 患者宅にもファイルを置き、ご家族様やケアマネージャー様に治療状況をお伝えします。
一 ご連絡をいただいたら、2,3日中に訪問にお伺いします。
一 訪問先での対応面など、満足度アンケートにお答えいただき、日々改善に努めます。
一 院内での北欧レベルの予防歯科を、訪問先でも口腔ケアとして力を入れています。
一 すべての方に愛をもって誠実に診療にあたります
ページのTOPへ

訪問歯科診療とは

訪問歯科診療とは「歯科医院への通院が困難な方に対して、歯科医師がご自宅や各種施設へ歯の治療のためにお伺いすること」です。
高齢者診療の経験豊かな歯科医師、歯科衛生士が専門チームを組み、訪問先でも医院内と同等の治療ができる機材をお持ちして、診療にお伺いします。

なぜ訪問歯科診療が必要なのでしょう?
下のグラフを見ていただくと、わかるとおり、歯科検診の結果、90%の方がなんらかの治療を必要としていることがわかります。

ページのTOPへ

口腔ケアを怠ると大変なことに!!

誤嚥性肺炎という病気をご存知でしょうか? 誤嚥性肺炎とは、高齢者に多い病気で、口腔内の細菌などが気管に入って発病する病気です。お口の中が大変不潔な状態にあり、体力が低下している方は、食物の残りかすなどが気管に入ると、細菌感染が起こりやすいといわれています。その結果、肺炎に移行しやすくなります。
口腔内を清潔に保つことは、虫歯や歯周病の予防だけでなく、誤嚥性肺炎などの予防にもつながるといわれており、健康維持のためにも大切なことといえます。

<誤嚥性肺炎にかかりやすい方>

高齢者

高齢になると、のどの反射が鈍くなり、誤嚥しやすくなります。

脳卒中の方

脳卒中による麻痺などの後遺症があると、誤嚥しやすくなります。 また、麻痺の状態によっては、介護の人の手を借りないと歯をみがけないこともあり、口の中が汚れて 細菌が繁殖し、誤嚥性肺炎になりやすい環境になります。

寝たきりの方

寝たきりになると、全身の機能が低下するだけでなく、飲み込みに対する反射も鈍くなり、誤嚥をしやすくなります。
また、寝たきりの状態によっては介護の人の手を借りないと歯をみがけないこともあり、口の中が汚れて細菌が繁殖し、誤嚥性肺炎になりやすい環境になります。

ページのTOPへ

口腔チェック!こんな症状出ていませんか?

義歯が合わない(がたつき、痛み、脱落しやすい)、義歯を持っていない
お口に合った義歯にすると、食事が美味しく食べられます。
ぐらぐらする歯がある
歯周病、過重負荷、かぶせ離脱の可能性があります。
食事時間が長くなる、食事中の疲労
義歯の不適合、のみ込み障害の可能性があります。
ぐらぐらする歯がある
歯周病、過重負荷、かぶせ離脱の可能性があります。
食事をよくこぼしてしまう
神経麻痺、のみ込み障害の可能性があります。
患者様の症状にあわせた摂取方法を検討いたします。
うまく飲み込むことが出来ない。食事中に咳き込んだり、むせたりしやすい
のみ込み障害の可能性があります。誤嚥や誤嚥性肺炎が懸念されます。
痰がよくからむ
のみ込み障害の可能性があります。
歯ぐきが腫れたり、血が出たりする
歯周病の進行、義歯による強い圧迫の可能性があります。
歯と歯の間に食べ物がはさまる
歯周病、隣接面のむし歯の可能性があります。
寝たきりで思うようにお口の手入れが出来ない
ブラッシングの指導や口腔ケアをいたします。
ページのTOPへ

訪問歯科診療ではこんな治療を行っています。

★ 義歯の作成、調整
★ むし歯治療
★ 歯周治療
★ 口腔ケア(誤嚥性肺炎の防止)
★ 口腔リハビリ
★ 検診

ページのTOPへ

西畑歯科医院での訪問歯科診療

充実したアフターケア・メンテナンスシステム

義歯、冠(かぶせ)等を装着した後は、患者様が快適にしようできるまで、十分責任をもって調整およびアフターケアをさせていただきます。
特に往診においては、あごの骨が吸収して薄くなり、非常に治療が困難なケースも多く、型採りから人工歯の配列、噛み合わせの調整まで、デリケートな対処が必要です。
調整が終わり、快適に食事をしていただけるようになられたら、往診は終了となりますが、歯周病の進行、義歯の不適合等のトラブルを未然に防ぐ為、3〜6ヶ月後の定期健診をお勧めしております。

訪問診療の遵守

介護を受けられている方は、お食事、入浴サービス、デイサービス、内科の健診、リハビリ等、様々なスケジュールが入っており、時間の制約があるのが実情です。
当院はそういった介護サービスの予定を十分配慮して、出来る限り時間通りに訪問いたします。
ただ、交通渋滞、急患の依頼などでご希望通りの時間にお伺いできない場合もあります。
そういった場合は早めのご連絡、時間変更を心がけております。

幅広い治療内容・細部まで配慮した治療ステップ

当院の往診治療の最大の特徴は、医院内でも行っている
「初診時の精密検査⇒治療計画の立案⇒治療⇒メンテナンス⇒定期健診」
という流れを、全く変わらず、同様におこなっている点です。


初診時

精密検査、ヒアリング、緊急処置を行います。

2回目訪問時

治療計画の立案、説明を行い、患者様(ご家族)と話し合いを持ち、患者様の希望を反映した、且つ効率的な治療の流れを決定します。
ご自宅の方は健康保険と介護保険の併用、施設にご入所の方は健康保険のみの適応となります。お伺いする際の交通費はいただいておりません。

ページのTOPへ

実際に訪問歯科診療を受けるには?

まずは歯科検診をお申込ください。
現在、私ども西畑歯科医院では、歯科検診をご提案させて頂いています。
歯のことは、他の疾患と比較して、後回しにされがちです。
私どもとしては、もっと歯のことに意識を向けていただくために歯科検診を提案させていただいております。

ページのTOPへ

お申し込みについて

まずは、お電話にて、患者さんの状態をお聞かせ下さい。訪問診療が可能であれば、そのときにご予約をお取りしますので、患者さんのご都合のいい日時をお知らせ下さい。
お約束の時間に、ドクターと衛生士がお伺いします。 訪問可能エリアは、法律により自院から16km圏内と定められておりますが、神戸市内であればほとんどのエリアにお伺いできるかと思いますので、一度可能エリア内かお気軽にお問合せください。

何かご不明な点がありましたら、お電話(078−594−4182)かメールのお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

ページのTOPへ

訪問歯科診療Q&A

ご質問内容をクリックして頂きますと回答がご確認いただけます。

訪問歯科診療でどのような治療ができるのですか?

歯科医院と変わらない治療が出来ます。訪問専用の機材を使用していますので治療スペースもそれほど必要としません。
入れ歯の修理や製作、むし歯の治療、抜歯など原則的には何でもできます。訪問専用の機材を使用していますので治療スペースもそれほど必要としません。

訪問歯科診療では何か用意するものはありますか?

歯科医院でできることが全てご自宅で出来るように準備していますので、特に準備していただくものはございませんが、お水をいただいたり、コンセントをお借りすることがございます。

急な痛みが出たときはすぐに来てもらえますか?

特に緊急を要するときは、できるだけ当日お伺いするように心がけています。
どうしても都合がつかないときでも2〜3日でお伺いいたします。

訪問歯科診療は交通費等はかかるんですか?

交通費、出張費等は一切いただいておりません。

診療時間はどれくらいですか?

患者様の体力などを考え、1回の治療は30分以内を心がけています。1回の治療の進み具合により、治療回数が増える場合もあります。ご理解ください。

老人ホームにいるのですが、診てもらうことはできますか?

もちろん、施設内であっても訪問させていただくことができます。施設のスタッフの方々とも連絡をとりながら、患者様に合わせた治療をしていきます。

歯のケアで誤嚥性肺炎は防げるのでしょうか?

当医院では、誤嚥性肺炎にも有効な口腔ケアを行っています。
まずはご相談下さい。

訪問診療の当日は、誰か付き添いの者が必要ですか?

できましたら、当日の治療の説明をご理解いただける方、または、当日会計できる方の付き添いが望ましいです。ただし、付き添いが難しい場合は構いません。その場合、治療内容の説明は、訪問診療ファイル内の訪問診療ノートに記入しておきますので、お読みください。また、会計は次回以降でお願いします。

現在入院中なのですが、病院へ訪問しての治療は可能ですか?

病院内の訪問も可能です。歯の治療は全身疾患とも大きく関わるため、入院先の主治医の先生とも連絡をとって治療することになります。

歯みがきや口腔衛生指導だけでも、来て頂けますか。

はい。 口腔内を清潔に保つことは、全身の健康に深くかかわっています。専門家(歯科医師・歯科衛生士)のアドバイスを受けることは大切です。気軽に声をかけてください。

介護保険を使用すると介護サービス枠が減るのでは?

訪問歯科の場合、介護保険では居宅療養管理指導料がかかりますが、ケアプランとは別枠の扱いとなりますので、介護サービスの枠が減ることはありません。

総入れ歯ですが、口腔ケアが必要ですか?

肺炎の30%が誤嚥性肺炎で、その原因がお口の中のバイ菌とされています。総入れ歯にしろ、胃瘻のように食べ物をお口から摂取しない場合でも、お口の中のバイ菌を取り除くために、入れ歯やお口の中をきれいにする口腔ケアは必要です。

訪問歯科 歯科検診・往診FAX申し込みシート
ページのTOPへ